畑正憲の世界

ムツさん, 犬猫

畑正憲展

ムツゴロウの世界

ムツさんこと、ムツゴロウさんこと、畑正憲は
30年以上前から毎年銀座の画廊で個展を開催する、
画家としての一面もあることはあまり知られていないかもしれません。

今年も10月3日まで開催されています。
畑正憲展 銀座ギャラリーGK 開催のお知らせ 2020/9/20-10/3

見るだけなら入場は無料ですので機会がありましたらぜひ。

今年はNHKのインタビューが放送されたこともあり、
またそのインタビューの相手が漫画家さんで、絵の話をされたので

今年は開演前から行列ができているほどの大盛況でした。

素敵な絵を描くんですよームツさん。

昨年のオーストラリアの山火事を描いたもの。

時事問題を扱う絵は珍しいですね。
オーストラリアにはよほど思い入れがあって心を傷めたからでしょう。

ムツさんの場合、
動物王国に関してのファンもいれば、作家として(著書)のファンもいます。
麻雀士としての一面もあるし、今回のように画家「畑正憲」のファンもいるのです。

毎年、個展初日には見知った顔に出会えます。

YouTuberとしてのファンも増えて欲しいな・・・

連載の原稿と絵

今回の個展でいくつか展示(販売)があったのが、
エッセイの直筆原稿と挿絵の組み合わせ。

以前買った1セットが、うちにもあります。

挿絵なのでミニ額ですが、可愛い。これはポルチーニの話ですね。

産経新聞などに連載されたエッセイですが、
まとめられて本になっています。

1話1話はとても短いのですが
その短い限られた文章の中で起承転結をつけなければならないし、
連載ということは毎週毎週、ニヤッとするような話を
書かなければならないとなると、これは相当な引き出しが必要です。

面白い話が盛りだくさんで、私が大好きなエッセイ集です。

こんな短い文章でさらっと日々綴れたらさぞ面白いだろうなぁと。
そんな文才もありませんが。憧れ、ですね。

全国にあるムツさんの絵

先日、兵庫県に住むある方のお家に伺う機会があって、
そこに偶然ムツさんの絵がありました。墨で書かれたいい絵でした。
あとで秘書の方に聞くと、もう30年以上前に
大阪のデパートで個展を数回やったことがあった、とのこと。

でも、それ以降、関西での個展開催はありません。。。

なぜ??

デパートやイベント会場では絵の保管や品質管理がおろそかになりがち。
(全ての会場がそうだと言うわけではありませんが)
ある時は洋服売り場の壁を使って絵を飾られていたりしたとか。

やはり「個展は画廊でやるべき」という
ムツさんの強いこだわりがあるからだそう。

そうかぁ〜!

みんなが持ってる絵を持ち寄って個展とかやれたらいいのになー
って考えていたけど、それを考えると確かに難しいですね。

全作品の中のごくごく一部ですが、以前発売された画集もあります。

ムツさん, 犬猫

Posted by kyotako

1つ星 (7 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...