繋がるって楽しい。考えるって楽しい。

国づくり, 犬猫

夢牡蠣パーティ@潮見スキッパーズ

面白い人たちが集まる店

牡蠣鍋やろうよ

潮見にあるハンバーガー屋さんスキッパーズ
夢さんの牡蠣を使って
牡蠣鍋パーティーを開催しました!

サモエド、王国繋がりの夢さんの牡蠣と
オンラインサロン繋がりのスキッパーズで集まる皆さんと
良さが共有できて、なんか嬉しかったですね。

「繋がる」って楽しい!
人と話して思考が深まる。

馴れ合いより刺激を

どっかで聞いた言葉かと思ったら、某有名漫画の主人公が
発した言葉だったんですね。でもまさにその通りで。

お互い、意見し合い、刺激を与えあって、
成長していく人たちが最近は多いので、
非常に楽しい時間を過ごせています。

やってるやつが勝つ

前の仕事でもあった。
「お前のところは売れるからいいよな」
売れてるんじゃない「売ってる」んだよ。
どうやったら犬猫たちの魅力が伝わるか
どうやったら顧客が喜んでくれるか
24時間365日
常に考えて、行動しているやつが勝つ。

自分はできているか?やりきっているか?悩んでいる暇はないぞ。

自問自答。

ゼロからイチを作り出す人になりたい

ゼロからイチを作り出せる人はすごい。
言うのは簡単。やるのはすごく難しい。
「コロンブスの卵」ですね。

最近特に思う。

いいねを押すだけの人間になるな

誰かの成したことをいいね、すごいねと言うことだけなら
誰でもできる。

何を言ったかじゃなく、誰が言ったか。

優秀なら優秀、ばかならばか、
金持ちなら金持ち、貧乏なら貧乏、はっきりしてくれっていうの。
そこそこのやつって、フリばっかりで過ごしちゃう。
そんなのが日本人の大多数だからなあ

何も聞かずにこの言葉だけ読むと
何だこいつ!どこから目線だよ!と思ったけど、
最後に名前が出ていた。

ビートたけし著『コマネチ!~ビートたけし全記録~』より引用。

納得。

「私は他人に合わせるつもりはない。
 自分のやりたいことをやるんだ!」
「いいか悪いかは自分が決める!」

突き抜けたヒトが言うと、「かっこいい!」と賞賛を受けるのに
そうでないヒトが言うとただの傲慢。

同じ言葉でも言う人が違うと全然違ってくる。

ファンとアンチとライバル

スキッパーズのオーナー、東條氏が定義する『ファン』は
①その人の好きなこと②嫌いなこと③どこへ向かっていくのかを
答えられることだと言っていました。
これは中々に的を得ていることで、この定義からすると
ライバルやアンチでさえも、『ファン』の中に入るのだ。

最近は
「考え方が違うこと」を「嫌い」と直結させる人が多すぎる。

個の発信がここまで自由に多く広がる中で
これをやってしまうと、世の中嫌いだらけになってしまいます。

嫌いなヒトができたら、みなさんどう処理していますか?

人間性って?

ビートたけしの発言といい、ファンといい
これからは『ヒト』『個人』が大切になってくる。
大事なのは人間性。

でも人間性ってどこで測ってどこで伸ばすのか。

東大に行ったら、テストの点数は、学校の成績は、いいんだね!
と言うのはわかる。
でも「人間性」はどこでわかるだろう?

まだまだ考えること、知らないこと、わからないことはいっぱいだ。

国づくり, 犬猫

Posted by kyotako

1つ星 (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...