世界観ってなんだ

ムツさん, 国づくり, 犬猫, 生きもの

国づくり、モノづくり、事業

シナジーマップ

最近(いまさら)「シナジーマップ(synergymap)」を
拙いながらも描きながら物事を考えています。

シナジーマップとは

自分のやっていること、やりたいことを軸に、
いま、なんのためにそれをやっているのかを俯瞰で見たり、
他人に説明したりするための「見取り図」みたいなものです。

似たようなものに、「マインドマップ(mindmap)」というのもありますね。
こちらは頭の中で考えていることを整理するために書き出した地図のこと。

ちなみにキングコング西野さんが描いているシナジーマップはこちら。

「シナジーマップ」を描いて、競合と差をつけろbyキンコン西野

さすが絵本作家と言うべきか、こんなファンタジーな絵なんて
とても描けないですよね。でもここは画力は重要ではないんです。
ちゃんと頭の中が整理されていれば、絵に描けていなくても、いいんです。

しっかりした経営者はちゃんと(脳内で)描けている
(あるいは把握している)んですね。

いま、自分がやっていることが何に繋がって、どう活きていくか。
その中で大切になってくる、流れ(矢印)は次の三つ。

①advertisement 広告、宣伝
②sale 販売、お金
③Identity 独自性、主体、世界観

この中で、広告と販売はわかりやすいですよね。

商品Aがあって、それを紹介するブログを書くとする。
ブログは商品Aの「広告」になっている。
商品Aの売り上げを今度はサービスBの商品開発につなげて行く、、
というような流れですね。

一番わかりにくいのが、最後の「世界観」です。

一番わからないけど一番大切。世界観を見て行く。

苔むすび

先日鎌倉にある、コケテラリウム専門店苔むすびを訪問させていただきましたが、

侘び寂びのある佇まい

この感じですよね。
ここはやっぱりアメリカンカジュアルじゃおかしいんですよね。多分。

アトリエサーシャ

一方、これも先日訪問してきた知り合いの革職人のお店、
アトリエサーシャ

いいですよねー。
ドリームキャッチャーとか、トルコ石、シルバーが似合う。

両方ともとっても大好きだけど、全然違う世界観ですよね。

鎌倉で見たお店

鎌倉で見たお店1

流木が売られていました。ここにもドリームキャッチャーが。

鎌倉で見たお店2

多肉植物などおしゃれな植物を扱うお店。木の温もりが感じられて素敵ですよね。
古風ではあるけれども、先の苔むすびのような純和風、侘び寂びって感じでもない。

鎌倉で見たお店3

こちらは苔むすびの隣にあった喫茶店。ちょっと怪しいというか不思議な感じ。

鎌倉で見たお店4

近代的な建物とグリーンがよくマッチしています。
私がよく行く、園芸店、The farm universalにも雰囲気が似ているなー
と思ったら、中庭のようなところにオリーブの木が。

うん、イメージに合う。

黒地に白字のロゴはジョイフル本田も思い起こさせますね。
(なんか久々にウェブサイト見たらデザインが変わってた)

一軒一軒は確かにコンセプトもデザインも違うんですが、
鎌倉駅周辺が全体として「おしゃれ」「モダン」で統一されていました。

コストパフォーマンス

何が良いとか悪いではなく、お店や雰囲気を見ると、
「あ、そういう方向でくるわけね」
っていう第一印象がありますよね。
自分が目指す世界観はどの辺りが近いだろうか。

これってとても大事だなぁと。

言うのは簡単なんですが、やるのは相当大変で、
おそらく一番お金がかかる部分だと思うのです。
どうしても目先のコスパを考えてしまいがち

今思えば、東京ムツゴロウ動物王国も、元々あった
東京サマーランドの一部エリア跡地を改装して作った場所でした。

遊園地感は否めない。

ジェットコースターの跡があったり、足こぎボートがあったり。

え?動物王国ってこんなイメージだっけ?
と多分最初は思った人も多かったはず。

それでも当時は結構なお金をかけて改装したんですけどね。


犬用のプールを作ったり、

フェンスを立てたり。

あとは生きものたち&スタッフがいれば、
このくらいで、ちゃんと世界観を作り出せる!
と判断したのでしょう。

いや、むしろ、資金的にもう限界だ!という方が先だったのだと思います。
ところどころ(いや、多くの場所が?)手作り感あふれる箇所もあり。
本当に手作りでいいの?
資金がないから止むを得なく手作りにしたのと、
演出として敢えて手作りにするのとでは
雲泥の差があります。

本当は資金がないからだけど、
無理やり後者の方に引っ張っていった感は絶対あった。
これが動物王国だから!手作りだから!味があるでしょ!
って無理に言わせていた部分も絶対あったよね。
本当だったら、もっと潤沢な資金があったら、、、
言い訳は色々出てくるけど、ここは手を抜かず
もっともっと世界観を大事にして行くべきだったのかもしれません。

当時は全く逆で、
「これが王国スタイルだから!」
「施設なんかに金かけてられるかい!生きもの優先じゃー!」
なんて思い込んでいました。勘違い野郎ですね。
今になって冷静に思い返して、
うまくいかなかったことの一因だと思っています。

昨日夕方に行ってきた、知り合いのお店、
潮見スキッパーズのカウンター上には、
マジック一本、下書き無しで一気呵成に描かれた見事な絵が。。。

いや、天才スギィィィ!

ムツさん, 国づくり, 犬猫, 生きもの

Posted by kyotako

1つ星 (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...