正解はないのか

ムツさん, 国づくり

バンクシー展に行ってきました

有名なアーティスト

芸術とかアートとか、そんな気質でもないのですが、
苦手だからこそ敢えて向き合ってみることってありませんか?

バンクシー展 天才か反逆者か

噂のバンクシー展に行ってきました。
オークション最中に絵が半分シュレッダーにかけられたことでも有名。
世界中にストリートアートを残す正体不明のアーティスト。

絵心なんてこれっぽっちもあるわけじゃありませんが、
こと、バンクシーにおいては、

「上手い下手の話ではない」

ということ、くらいはわかります。

彼は絵を通して世の中に何かを問いかけたり、
訴えようとしているというのはよくわかりました。

全部が全部じゃないですけど。
いやむしろ、なんだこの絵?と思うものの方が多かった。
(頭悪い)

表現の仕方は人それぞれ。

演説したり、本を書いたり、歌を歌ったり。

この人はストリートアート(グラフィティ)だったというだけ。

ところで、「落書き」と「アート」の境目ってどこですかね。

正体不明ということですから、バンクシーさんが描いてる最中に
「こらこら!なに落書きしてるんだ!警察に突き出してやる!」
なんてことが起きたりしないのかな?とか。
「いやいや、実は私、バンクシーなんです」
なんてコントみたいな展開があったりなかったりしないのかな?とか。
下世話な心配。

落書きは犯罪で、アートは認められるのか。
多分、そんなところもバンクシーの狙いなんだろうなーと思いました。

今回のバンクシー展も本人主催ではない、ということですね。
落書きを「これは私の作品だ!」と行った時点で犯罪になってしまうので、
そもそも著作権を主張できないものなんだそうです。

えー・・・?

@tv_asahi_newsバンクシーに商標登録認めず 理由は「正体不明のため」 ##テレ朝news ##バンクシー ##商標登録 ##ロンドン ##EU

♬ オリジナル楽曲 – テレ朝news【公式】

正解を教えられてきた教育

今の教育がどうなっているのか詳細はわかりませんが、

私の世代の教育は、予め正解が用意されていて、
それにいかに早く辿り着くかの競争でした。

えぇ、ガチガチの理系です。

いや、実際、理系も文系もないかもしれません。

教えやすくするため、わかりやすくするため、
採点しやすくするため
判断しやすくするため

予め用意された答えに
一致すれば「○」、少しでも違えば、「×」です。

そうやって何年も繰り返し教えられてきたのに、
急にオトナになってから

「正解はないから」

と言われても、戸惑うばかり。

正解のない未来

私が幼い頃は確かにぼんやりとした「正解」がありました。

勉強をして、いい成績とって、いい学校に進んで、
一流企業に入って、結婚して、家を買って、幸せに暮らすんだ。

的な。

でも今はそれがもう神話になりつつありますね。

時代が急速にアップーデートしてきて、
それについていけてない企業ほど遅れを取っていってます。

その結果がこれですね。

平成最後の時価総額ランキング。日本と世界その差を生んだ30年とは?

いまは大人たちも何が正解かわかっていないんです。

これから必要な能力は
一つの正解を見つけることではなく、
自分で考えて意見を持ち、行動するチカラです。

教育から見直していかないと。

個性、考え、全てが「アート」だと思えば平和か

犬猫のしつけ相談を受けます。

多くの飼い主が、
「自分が飼う犬猫が思い通りにいかない!」
と悩みます。
「こうあるべき!」
という
「正解のフレーム」に押し込めようとしています。

実際、犬や猫はヒトと違う生き物ですし、
犬(猫)種差も個体差もあります。

身近な彼らであってもまだわかっていないことがたくさんあります。
(まるで全てを知り尽くしているようなヒトほど怪しい)

しつけ方も飼い方も考え方も正解は一つではない。
そう思うとちょっと気持ちが楽になるかと思いました。

あなたはそういう考え方、主義なんですね。
私は少し違うように思います。

こういうスタンスが大事。

考えが違う=喧嘩、別れる、ではなく、
違って当たり前の世界。

まとめ

そういう意味で、世界に、世の中に常に問いかける
バンクシーは今の日本に必要なアーティストかもしれません。

ただ、そのバンクシー展に行列を作り、大勢で押しかけて
パシャパシャスマホで写真を撮ってる様子は(私も含めて)
これもまた正解を求めて集まる群衆に見えてしまいました。

バンクシー自身はこの様子を見てどう思っているでしょうね。
ニヤニヤしながら眺めているのかもしれません。

最後に!来週、畑正憲展行きます!

私がいつも動画編集をさせていただいている
ムツさんこと、ムツゴロウこと、作家畑正憲も
毎年銀座で個展を開催しているのはあまり知られていないこと。
(チャンネル登録お願いしまーす)
ムツゴロウの656

畑正憲展 ~ムツゴロウ世界をまわる~

2020年9月21日(月)~10月3日(土)12:00-19:00 ※日曜休廊
ギャラリーGK 〒104-0061東京都中央区銀座6-7-16

見るだけなら入場料はかかりません。

私は初日の朝から並んでいいものがあったら買おうかと思っています。

 

ムツさん, 国づくり

Posted by kyotako

1つ星 (3 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...