猫と仲良くなろう

国づくり, 犬猫

山武市のカフェに

千葉フィンランドの森へ

昨日は友人のイベントで千葉県は山武市の
千葉フィンランドの森へ行ってきました。

薪ストーブ!

素敵なところでした。

庭先にメジロも来る

そこに4頭くらい猫が飼われていて、外をうろうろ歩く姿を見ました。
猫と仲良くなる方法ってどんなんですかね?
というご質問を頂きました!

猫と仲良くなる方法

どうやって猫と仲良くなるか

アプローチする方法はいくつかあると思います。

まず大原則として、
猫はそもそも単独行動の動物なので警戒心が強い動物です。

「おいでー!」とか「こんにちはー!」とか「あ!猫ちゃんだ!」
と、大きな声で元気よく挨拶するとまず、ドン引かれます。
(大きな声で元気よく、は人間だけにとどめましょう♪)

これはどんな動物でもそうかもしれませんね。

その1.どんなタイプか見極める

外飼いor屋内飼い、野良猫or飼い猫・・・

環境や性格によって猫も様々な個性があるのは当然です。
ひとなつっこい子もいれば、ビビりな子もいます。
まずはどういうタイプか見極める所も、仲良くなる第一歩ですね。

野良猫、外飼い猫の方が社交的な子が多い気がします。
(野良や外飼いで警戒心強い子はそもそも人前に姿を見せない)
屋内飼いで知らない人との接触が少ない子は警戒心が強いと思われる。

外で生活する猫もワイルドで好きなんだけどな。
ピンポン鳴ったらビクッとして隠れる

タイプ的には長毛で大柄な子は穏やか
細身でオリエンタルタイプは神経質な子が多いと思います。
(あくまでも傾向です)

シャムやロシブルなど短毛でシャープな体型の子は神経質傾向

猫が「安心できる場所で会う」のは絶対条件ですね。
その猫にとっての「ホーム」です。

耳と尾を見てみる

猫は耳と尾で語る

次に、猫の「耳」と「尾」の様子を見てみましょう♪
猫の状態が耳と尾に出やすいからです。

ここでポイントはジーっと凝視すると怪しまれるし、引かれます。
さりげなーく、興味ありませんよ〜?って感じで見るのがオススメ。

耳を倒しているのは警戒や緊張
尾を立てているのは興味あり、友好的

耳を倒して伏せているなら、もしかしたら
パッと逃げる準備をしているかもしれません。
こちらに興味がある場合は耳がこちらを向いているはずです。
目をじーっと合わせず、のんびり向こうから近づいてくるのを待ちましょう。

また、尾がぴーんと立っていたらそれはご機嫌な証拠です。
指を出せばすぐ挨拶に来てくれると思います。

道具やおやつを使えるなら

音と動き

道具やおやつが使えるならそれに越したことはないですね。

缶に入れると音がカラカラ鳴る
猫じゃらしとか

缶に煮干しや硬目のジャーキーを入れておくと
カラカラ音が鳴るし、ご褒美のおやつももらえるし
猫たちの気を引ける可能性が高いです。
※おやつをあげる際はアレルギー等もあるので
 飼い主さんにあげていいか聞きましょう

また、定番ですが猫じゃらしも猫の気を引く道具ですね。
モシャモシャがついている方は、取られると歯や爪が引っかかってしまうので
私は柄の方もよく使います。

猫の挨拶をしよう!

鼻キスとか呼ばれてます

道具もおやつも何にもない場合。
こっちから積極的に近づくと怖くて逃げてしまう可能性が高いです。
できるだけじっとして動かないようにして、
猫の方から興味を持って近づいてくるのを待つのがいいと思います。

最終的には、指を出して猫の挨拶をしましょう。

猫の挨拶は鼻をツンと突き合わせることです。巷では鼻キスとかいうようです。

猫同士の挨拶

いかがでしでしょうか?
私も基本的には飼い猫しか相手にしたことがないので
外猫を撮影されるようなカメラマンさんはもっといいテクニックを
持っているかもしれません。

こんなテクニックあるよ!っていうのがあったら
共有できたら嬉しいです。

国づくり, 犬猫

Posted by kyotako

1つ星 (4 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...