木の時計台を作ってきた話〜前編〜

国づくり, 植物

3泊4日で大阪へ

クラウドファンディングリターン

11月3日、4日クラファンリターンイベントに参加してきました!
木の時計台を作りたい!


3日早朝に大阪難波についてからそのまま宝塚へ

緑化計画

宝塚にいるサロンメンバーの荒井裕樹さん(ヒロさん)
経営されている美容室plegoで髪の毛を緑にしてきました。

ヒロさんこと荒井裕樹さん

そもそもなぜ緑に?

Candyえんとつ町店
加藤さん、ヒロさん、Yutoさんのお三方で話されて「緑化計画」が始まったとのこと。
私もフリーランスになり、普通の会社員に戻るつもりはなく、
植物(Green)が好き、ということもあるのと、
夜行バスで早朝になんばに着いてから
13時のイベント集合までちょうど時間が余っていて、
ヒロさんもちょうどその時間なら
緑にしてくれるという「絶好」(?)のタイミング。


やっていただいている間も話が尽きないこと!笑
ヒロさんもやりながら
「めっちゃ緑!めっちゃいい!」
を連呼😆
天職なんだなーと思いました。

じゃあ緑にするために違う美容院に行くかというと
絶対やってなかったと思いますし、
そもそもどういう感じでなんで緑にするかの説明も面倒。
この日も午後しかできないとなったら
じゃあ無理ですね、ってなっていたでしょうし。

要するに、運と縁。タイミングって大事だよね!って話です。

時計台の材料を取りに山へ

木の時計台完成間近

池田市の旧小学校跡地から歩いて30分。
今回のイベントの主旨を理解していただいた地主さんのご好意。
ツタを自由に取っていっていいよ!と。

西野&西畠 天才二人

第一回も参加しましたが今回はチェーンソーでてくるのが早い!
じゃあみんなで山に入りましょう〜ってからすぐのところに

絵に描いたような、ザ!ツタ!

こんなツタ、あります?!
仕込みじゃないの?って思っちゃうくらいのザ・ツタです。

ネジネジの造形美
美しいというか、かっこいいというか。
自然はすごいデザイナーですよね。

下を切って総勢30名近い人で引っ張りましたが、ビクともせず。

重機で引っ張ってみる

では重機で引いてみようと。もうこれぞ、ハンティング。狩りですね。
それでも取れず。
手を尽くしたけどどうしようもない。でも諦めきれない空気。

そんな時に現れるのはヒーローしかいないですよね。

いるんですよ。ヒーローが。

リアルな「筋肉番付」いや「SASUKE」か

するするするっとツタを登り、隣の木に移ってから上を切断。
簡単なように見えて絶対できないやつ。神業です。鳥肌たちました。

プラントハンター西畠清純

やっぱりこの人最高です。すごいです。

これをみんなで引っ張って引きずり下ろす。

綱引きなんていつぶりでしょう。
みんなで声をかけて「せーの!」で引っ張る。
引っ掛かりが取れてどどっとツタが落ちてきて
みんなが歓声をあげる。

なんでしょう、この一体感。達成感。
体が、心が震える感じ。

取ったツタを前に集合写真

湯櫻からのCandy おきまりのコース。

イベント終了後は歩いて美健康SPA湯櫻へ。
交通の便がもう少し良くなるとありがたいのですが。。。

グリーンカレー@湯櫻

お風呂もさることながら、ここはご飯がうまい。

そして夜はCandyえんとつ町店に。
この日はインターンのせとちゃんこと瀬戸口さんが来て
エッフェル塔個展のおかえりイベント。たくさんの人が集まっていました。

後編に続く。

国づくり, 植物

Posted by kyotako

1つ星 (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...