今一度!お願いします!

国づくり

クラウドファンディング、応援・支援お願いします!

残り20日余り、できることはもうないのか

動物王国のような場所を作るべく、活動と発信をしています。
毎日365日こうやって活動報告や思ったことを記事にしています。
動物王国をふかぼり
2021年抱負

ただいま、馬を導入するクラウドファンディングに挑戦中です。
ぱったり支援がストップしちゃいました。
いやー。厳しい。苦しい。悔しい。。。
でもこれが現実。これが結果です。
正直、息切れ感が出てるのは否めません。
私一人がジタバタしても空回りしててしょうがないんですけど。
結局、多くの人を巻き込む、共犯者を作るのがクラウドファンディングなので「個」がいくら奮闘してもいい結果は出ません。応援、支援してください!って言うのが下手なのかな。

それでも、やっぱり、全力投球しないと。
ここに来て、いろいろ思うところ、考えさせられるところが多くあります。

今後、どの業種、職業、個人においても応援してくれる人(=ファン)を作ることは必須です。
それをしっかり、意識して、やってこなかったのも原因の一つ。

もう一つは「スタート前からクラファンは始まっていた」ということですね。
文章から内容からリターンまで、スタートする前からどんどんオープンにしていろんな人を巻き込んで作らないといけなかった。
メイキングに価値があるというのはそういうところですよね。
これがプロセスエコノミーだ。

アイコンを「クラファン挑戦中」に変え、ClubHouseをはじめ、各種SNSに顔を出しまくって宣伝してます。私もこのクラファンをスタートしてから他の多くのクラウドファンディングに支援させていただきました。

クラファンに挑戦している人たちが集まるルームもあるんです。
みんなどうやって進めているんだろう?
どうやって成功率、支援者を集めているんだろう?
気になってそういうとこに行くようになると、いろんなクラファンを目にしますから、自分もいろんな支援をしちゃいますよね。(出費増・・・涙)

クラウドファンディングって、これまで周りに渡してきた「信用」「ありがとう」「お金」の回収だと思うんですね。単なる物乞い、お金集め、じゃなくて、これまで周りにどれだけGIVEできていたか、その分が回収されているんだと思います。

近所でホースセラピー事業をやられていて、馬のことでいつもお世話になっているヒポトピアさんのクラウドファンディングは目標金額を大きく上回る大成功で終わっています。

馬車を購入し、障がいの有無や年齢を問わず馬と関わる機会に繋げたい

これまでやってきた児童発達支援・放課後等デイサービスの利用者が中心となって応援、拡散していただいた結果だと伺いました。もちろん、私も支援させていただきました。
新聞、メディア各社にも取り上げられたことも大きいとおっしゃってました。
私もプレスリリース送りまくったんだけどなぁ。

ヒポトピアの皆さんの巻き込み力もさることながら。
なんか、多くの人の力をビンビンに感じるんですよね。
「このクラファンを盛り上げて行こう!」っていう。
なんか、すごいぞ!って思うんですよ。
何が悔しいって、そこなんです。お金じゃないんです。
多くのファンがこのプロジェクトを推してる!押し上げてる!
ってところがクラウドファンディングの醍醐味ですね。

利用者、支援者、ファンの皆様の拡散力が必要です。
今一度、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

今回、私たちが挑戦しているクラウドファンディングは「寄付型」なので
商品価値があるものをリターンとして出すことはできません。
リターンとして乗馬体験○円、ふれあい○円、馬グッズ○円、のようにはできない、のです。
だからと言ってご支援いただいた方に何もしない、できない、わけでもありません。
それが「寄付者限定イベント」です。
つまりこれが乗馬体験であったり、、、ということです。

馬が来るよーってお話をすると「乗りに行きたいです!」「馬と触れ合いたい!」と
おっしゃってくださる方、多くいらっしゃいます。
そこは当然ですが寄付者を最優先させていただくことになりますので、、、ご理解をお願いします。

泣いても笑っても残り24日。

国づくり

Posted by kyotako

1つ星 (5 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...