2020年 今年もお世話になりました。

ムツさん, 国づくり

お世話になりました

天才万博

こんにちは!きょうたです。
動物王国のような場所を作りたいと日々活動しています。
動物王国をふかぼり

昨日、天才万博に行ってきました。

天才万博とは

『天才万博』とは、東京・五反田にあるスナック『Candy』(代表:ホームレス小谷)が主催する音楽フェスの仮面をかぶった大忘年会。 人気や知名度や集客力なんて、あっても無くてもいいので、とにかく「天才しか出演できない」をコンセプトに毎年出演者が決まっています。「キンコン西野が唯一参加する忘年会」より

アノアとペロCABBAGE&BURDOCKロザリーナハチャトゥリアン楽団ウミネコ楽団ハッチェルズなど、本当にプロフェッショナルな「天才」たちも出演するすごいフェスなんです。

、そんな天才万博も、御多分に洩れず、新型コロナウィルスの影響を受け。密になるスタンディング席は廃止。検温消毒はもちろんのこと、テーブル席についてソーシャルディスタンスを保ち、お行儀よく行われることが決まりました。当然ですよね。

ある程度想定内でしたけど、テーブル席開催が決まった時点で私の天才万博に対する情熱や期待が一旦ゼロになってしまったんですね。今は、こういうやり方もアリだなと思っていますが。結局購入していた全日程のチケットをご希望の方にお譲りしました。

それでも、空気感だけでも味わうことをしないと今年が終わらない気がして。あと、天才万博の動画で流れる「いつものあの曲」を聞いたら、「やっぱり天才万博だよなー」と思ってしまい。最終日である30日、会場前に行ってお世話になった方々にご挨拶をしてきました。

「えー?!ここまできてチケット持ってないの?!」
なんてお声も頂きましたけれども、そんな皆さんのお顔をみてご挨拶できただけでも、お腹いっぱいでございます。コロナもあって、なかなかお会いできなかった人たちに年末最後のご挨拶ができて本当によかったです。

先日は映画も見てきましたし、ようやく、やることやれたな、新しい年を迎えられるかな。
という気持ちになれました。

今年1年振り返って

今年は新型コロナもありましたけれども、
6月にはヴォルガのお迎え、ムツさんのYouTube企画スタートのために北海道に行き。動物王国再建を夢見て、7月に奈良に行き、9月10月兵庫に行き、今は茨城に通い。全国飛び回っていましたね。

今年も多くの人に出会い、助けてもらいました。

私の数少ない長所は「人との出会いがあること」「縁」です。
長所というと能力みたいに思われがちですが、ハッキリ言って「運の良さ」です。
ムツさんと出会えて(今もなお)お仕事ができていることもそうですし、プラントハンター西畠さんにもお会いできたし、エンタメ研究所を通じて多くのサロンメンバーと出会い、チャンスも縁で得て、ピンチも縁で乗り越えて来ています。今、お世話になっているところもきっかけはサロンメンバーでした。。(ザ・他力本願)

私の他の能力はめちゃくちゃ低いのに、私を支えてくれる人を手繰り寄せる力はむちゃくちゃ高いんです。これは他の人に自慢できるところです。

来年は

来年はいよいよ動物たちを仲間に入れて本格始動して行きたいと思っています。
偶然にも、ムツさんが自然農法について言及した回がありました。

まず、ニワトリを飼いなさい、と。「ハイ、そうします」

ニワトリの後はヤギ、豚、馬、牛・・・と少しずつ増やして行く予定です。
実は、もう動画の原稿が届いておりまして、絶賛編集中なのですが
このニワトリに続いて、どんどん「指令」が出されているんです!
ムツさんは普通にお話ししているだけで、それを私が勝手に「指令」と受け止めているのですが。

そんな無茶振り(いや、しつこいようですが、ムツさんは振ってないです)に
全力で応えていこうと思いますので来年もよろしくお願いします!

ムツさん, 国づくり

Posted by kyotako

1つ星 (5 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...