犬ぞりトレーニング

犬猫

元気いっぱい!

ヴォルガ生後5ヶ月

日に日に大きくなっております。
引っ張る力も尋常ではない。笑

引っ張る犬はダメ犬?NoNoNo!

サモエドはもともとそり犬なので、人より先を行ってナンボの犬種。
しつけである程度コントロールできる部分もありますが、
「引っ張るのはダメ犬です」
と言うのはそもそもの犬種特性を理解していないと言うことになります。

ハスキー、サモエドなどのそり犬や
柴犬などの猟犬はひとよりも先にいくのが仕事。

引っ張られるのがイヤならこれらの犬種を避けるべきでしょう。

「来い」「オイデ」を教えるのは比較的楽ですが、
飼い主から遠く離れることを教えるのはとても難しいことです。

「先を歩くのがリーダー」は間違い

いまだに、

飼い主より先を歩くのはリーダーだと勘違いするダメ犬だ

誤解している飼い主さんやトレーナーがいることに驚きます。

自由奔放にしすぎてコントロールできないのはちょっと問題ですけど、
歩く順番は上下関係には関係ありません。

そり犬はマッシャーと呼ばれる乗り手が一番後ろから指示を出しますよね。

ヒトが先をいかなければならないなら犬ぞりは成り立ちません。

先頭にリーダー犬を置くのは、マッシャーの言うことを理解し、
重要な舵の役割を果たすからです。(他の犬たちは推進力中心)

むしろ、最も忠実な子が先頭を走るのが犬ぞりです。

あさんぽ配信

また、私は毎朝3頭連れて散歩配信を行なっているのですが、

3頭の中で最年長のマルフィノ(12歳)が

最も権力がある子、いわゆる、ボスになります。
マルが廊下で寝てると、怖くて他の2頭は通過できません。

にもかかわらず、毎朝のお散歩で
トップを突っ走るのは最年少のヴォルガです

いかに歩く順番が権力と関係ないか
お分りいただけましたでしょうか。

そり犬への道

いかにサモエドといえども、天才といえども、
練習もせずにそり犬になることはできません。

サモエド、引っ張る力や能力はありますが、
先のあさんぽ動画内にも見られたように、

「聞き慣れない音」
に対しての恐怖心、警戒心がかなり高いです。
カミナリが嫌いな子も多い。

そりを引かせる練習の前に、
後ろから付いてくる音に慣れさせる必要があります。

普段ゆきちさんが食べている猫缶を取っておいて・・・

最近太ってきたかな・・・

穴を開けて紐をつけて。。。いざ特訓!

 

 

リードでカンカンをつけて歩かせて見ました。

@samoyed_volga##samoyed##そり犬への道##Day1

♬ SANPO – 島本須美

 

徐々に慣れていくといいですね!

向き、不向きもありますが、ヴォルガには色んなことに
挑戦させて行きたいと思っています。

ヴォルガプロデュース会議もやって行きたいです。

犬猫

Posted by kyotako

1つ星 (7 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...